賃貸マンションを借りる際に注意しておくべき点

賃貸物件はあくまで、仮の住まい?

マンションですよね。古民家ではないのよね。

日本全国、似たような感じのところは、多々あっても、本当は、土地にある特色があると思うのです。最近では、地方の特色を宣伝することも多くありますが、その地を選んでいる人にも、注目して見るのも面白いかもしれないですね。人は、様々な経験を通じて色々な考えや思考になっているのですからね。

土地柄はどんな特色のある地域でしょう

田舎では、古民家再生利用などと称して、空き家を若い人に住んでもらう取り組みも活発になっているようですね。

しかし、古民家を借りても、設備的に、都会で暮らし慣れた人にとっては、非常に窮屈になるのではないでしょうか。

気候にもよりますが、極寒の地ではマンションに暮らす方が、雪下ろしなど、危険な作業を機にすることもないのですから。
ましてや、雨漏りや設備なども大家さんが負担してくださるのですからね。
そう、それは、最初の契約の時に何もかも解っていれば良いのですが、大家さん自身も知らなかった箇所があるかもしれないですよね。

なので、可能でれば、一泊できればいいのかもしれないですね。お風呂の大きさや、便器の座り心地などを体験してみて水道の出やすさや温水の温度調節などもね、確認したいところは多々ありますからね。
そういう私も、焦って入居したところに、まだ住み続けているのです。
引っ越した当時は、「どうせ、すぐに引っ越しするのだから」という軽い気持ちでしたが、なかなか、引っ越す機会もなくて現在にいたっております。

私の場合、洗濯をすることが好きなので、洗濯物を干せるベランダがあることが、最も重要でした。でも人によっての拘りも違ってくるでしょう。自分の拘りで、これだけは、どうしても妥協できないという部分があると、そこを重点的に選択できますよね。そうそう建築物の構造も気にした方がいいかもしれないですね。地震が多発している昨今だからね。

名義人はどんな人かな

賃貸マンションを契約する人は、どんな方でしょう。 会社員なのでしょうか、自営業なのでしょうか。収入は?また、単身なのか家族で暮らすのか、はたまた、ルームシェアをするのか。 そして、保証人や緊急連絡先としてはどんな人になってもらうのでしょうか。 色々なことをクリアで着なければ契約に至りませんね。

事故や災害など万が一の時は?

日本はこれほどまで、災害が続いているのですから、イザという時は、どなたに連絡を取りますか。居住している人が留守の間に、火災になる場合もあるのですから。 そのような時、連絡を入れるところは、誰にしますか。 また家賃を滞納した時の対応として、保証協会にしますか。

TOPへ戻る