賃貸物件はあくまで、仮の住まい?

マンションですよね。古民家ではないのよね。

自分が暮らす場合

自分がその土地に暮らす場合は、周辺の店舗などに求めるものは何でしょう。
安価なスーパーでしょうか、それとも、少し根が張っても無農薬野菜を取り扱っている店舗でしょうか、それとも、おしゃれなカフェが近くにあるところでしょうか。また、医療機関は近くにあるのかもきになるところですね。
そして、その土地で、近隣の方とのコミュニケーションが取れるようになると、どんな楽しいことがあるのでしょう。
少し、気が早いと叱られそうですが、災害などの時には、近所の方との協力が欠かせないですからね。その土地の歴史も少し勉強して見ると、面白いことがあるかもしれないですね。
町名がついた由来などを見て見ると、その土地で暮らしている人の気質なども想像することができるのかもしれないですね。

知人や家族が住む場合

高齢になったり、身体に不自由になったりすると、これまで、暮らしていた住居が対応できない場合があるのよね。
例えば、何らかの理由で車椅子を利用する身体になったとして、持ち家で階段があるとすると、家から一歩も出ることができなくなるのよね。いくらインターネットが普及していて日常には困らないとは言っても、外部との接触が皆無というのは、どうでしょうか。
自宅の近くを散歩して、初めて目にする草木や季節によって咲く花も違うだろうし、私の個人的な意見としては、車椅子を利用するようになっても、可能な限り自力での行動ができるような街や住居などの環境を整えてほしいと願うのです。
しかし、現状が、持ち家などで回収をするにも困難であれば、賃貸マンションをかりるというてもありますよね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る