賃貸物件はあくまで、仮の住まい?

名義人はどんな人かな

自分が契約者の場合

社会的な地位もあり、収入も不自由がない人が、契約をするなら何ら問題はありませんよね。緊急連絡先の提出くらいでしょうか。
日本は、まだまだ、単身での居住には厳しいようですから、保証人や緊急連絡先などに記載できる人が必要なのですね。
家賃が滞納する場合には、保証協会のようなところが対応してくださいますが、それもお金が必要ですよね。
ま、世の中、タダのものは、ないのですから、致し方ないですね。かと言って、いつまでも親の脛をかじっていることができる人ばかりでもないでしょう。なんだかんだ言っても、自分の名義で自分で家賃を支払って、賃貸物件を転々とする生き方もいいですね。それはそれで、引っ越しも大変だろうけれど、新しい部屋で暮らす時にはワクワクするのではないでしょうか。一概には言えないですがね。

家族や知人が契約書の場合

名義人が知人や家族であると、こちらが保証人や緊急連絡先となる場合がありますよね。
大体は、親戚などですが、単身であったり、親戚がいなかったりすると、どうなのでしょう。
または、私のように親は居ても、高齢であったりきょうだいとの交流も無きに等しいとなると、ね。

でも、血縁関係がなくとも、緊急連絡先になってくれるサービスもあるようですから、そこは、しっかり調べておきましょう。親類だけをあてにしていると、行動も窮屈になったりすることがあるかもしれないですからね。
自立とは何かも考えるきっかけになるかもしれないですね。失礼、これは、私のことです。親類は存命でも連絡を取り合わない関係であるかもしれないということですから。


この記事をシェアする
TOPへ戻る